子供のダンスを本気で応援してみた - にほんブログ村

日焼け止めを塗って日差しを浴びるとブツブツができる人は気を付けて!

**********************

ブログランキングに参加しています♪ 良かったら応援お願いします<(_ _)>

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ キッズダンスへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

**********************

 

日差しが強い日が増えましたね

コロナ対策で常時マスクをしなければいけないので、マスク焼けにならないよう気を遣う今日この頃。

モモはアトピーとかそういったものはないのですが、日焼け止めを塗ると、蕁麻疹のようなものがぶわーっとできてかゆがるので、今まで日焼け止めは使ってきませんでした。

色んな日焼け止めは試してみたんですよ、子供用から大人用まで。赤ちゃんも使えるってやつも。

でも全然合わなくて、正直あきらめていたのですが、モモが中学生になって登下校時間も増え、しかも席は窓側かつ常時マスク着用。

マスク焼けがほんと目立つようになってきて焦りました💦

MKさんに教えてもらって、モモ連れて皮膚科行ってみよう!と思ったんですが、中学生になって忙しくなったモモの時間がなかなか取れず💦

ダンママ
ダンママ
とりあえず行ける日にさっと行けるように情報リサーチしておこう。。。
モモが今まで使って蕁麻疹が出た日焼け止めの成分を調べとこう

で、調べてるうちに、あれ?!と思ったのが

「メトキシケイヒ酸エチルヘキシル」

を使った日焼け止めに、共通して蕁麻疹のような症状がでていたことに気が付いた。

この物質、紫外線吸収剤として、今どの日焼け止めにも多く使われてました。(ドラッグストアで売られてる500~1000円クラスの日焼け止めのほとんどに使われてる)

この物質自体は特にアレルギーの報告はないんですよねー。

でもハワイなどでは、環境ホルモン作用があるとして、使用が禁止されているそうです。

UVB吸収による紫外線防御作用、製品自体の退色・変色防止目的で化粧品に配合される成分、メトキシケイヒ酸エチルヘキシル(パラメトキシケイ皮酸2-エチルヘキシル)の効果や安全性(刺激性・アレルギー)について解説します。
ハワイ州政府は7月3日、サンゴ礁への有害性が指摘される物質を含む日焼け止めの販売を禁ずる法案が成立したと発表。これは米国では初の措置である。 販売禁止の対象となるのは、サンゴ礁の白化などの原因になって

ダンママ
ダンママ
メトキシケイヒ酸エチルヘキシルって紫外線吸収剤なんだ・・・赤ちゃん用にも使われているのもある・・・

もしかしてモモは紫外線吸収剤じゃないものを使った方がいいのかも・・・?



というのは、モモは今まで試した日焼け止めで、塗ってもブツブツが全くでない場合もありました。

それは、ずっと日陰や家にいた場合です。

でも強い日差しを浴びると、ぶわーっと蕁麻疹のような症状が出るので、おかしいな~?と不思議に思ってました。

ダンママ
ダンママ
日焼け止めを防止するのに、紫外線吸収剤紫外線散乱剤をよく使われているんだな・・・

紫外線吸収剤は、紫外線を吸収する際に皮膚上で化学変化を起こして別の物質に変わるんだ・・・なるほど

もしかしてモモはそれに反応して蕁麻疹みたいなものが出ていたのかも・・・?

だから塗ってもブツブツが出る場合と出ない場合があるのかも。

なので、紫外線散乱剤である酸化亜鉛を使用した日焼け止めを買い、モモに試しに1日つけてもらうことに。

ただいま~
モモ
モモ

ダンママ
ダンママ
お帰り~!
モモ、大丈夫だった?!
肌かゆくない!?


全然でなかったよ!
今日日差し強かったけど、ブツブツもできなかったしかゆみもないよ!


私の読み通り、紫外線吸収剤が原因だったようです。

今回モモが使って大丈夫だった日焼け止めはこちら

 

モモのように、日焼け止めを塗ったら、痒みが出たりブツブツができる人は紫外線防止になんの成分を使っているのかチェックしたほうがいいかもしれません。

 

とりあえず私が覚えとくように記録。

 

紫外線吸収剤=メトキシケイヒ酸エチルヘキシル

紫外線散乱剤=酸化亜鉛

今いろんな化学物質があふれているから、何が合う合わない調べるの大変ですよね・・・

とりあえず解決できてほんと良かったー( ;∀;)

スポンサーリンク
スポンサーリンク